格安SIMで金銭的余裕を

4月は昇給の季節。最近は上司が会議に良く出ているが、これは評価会議だろう。

去年はそれなりに大きなプロジェクトに参加して結果も出たことだし、少しは期待できるかな?

さて、自分に自信を持つにはお金だなーなんて思ったことは以前もあった。でも社会人だと収入は限られているわけだし、今回はお金の節約について考えてみようと思う。

 

今の俺の生活の中で、節約できそうなもの・・・そういえば、最近格安スマホが騒がれえるけど、実際のところどうなんだろう?

 

俺は初めて携帯を持ったのは高校生の頃で、いわゆる大手キャリアのやつだ。当時はパケット定額が当たり前になっていた時代で、通話料金を節約するためにメールで色々済ませていた時代だ。

 

当時はLINEなんてものはなかったから、メールの一斉送信するもんだから受信ボックスがややこしくなってたなー。

 

料金は当時で8,000円くらいだったかな?それがスマホになり、通話定額プランが登場し、気付けば約10,000円である。これって案外地味にダメージじゃね?

 

そんな時に出てきたのが格安SIMである。格安スマホは料金が安い!と言うのを売りにしてるけど、実際どうなんだろう。

 

先輩の中で使い始めた人がいるけど、まだ評価するには早いみたいなこと言ってるし、参考にはならないよな。

 

そこで例のごとくネットで評判を調べてみる。ネットはデマ情報が多かったり、変に持ち上げることがあるから気を付けて情報を集めなければ。

 

そんな時、これは良さそうだな、というサイトを見つけた。

 

格安SIMを比較する際、このサイトを参考にした。

 

格安SIMは色々あれど、こんな感じで比較してくれると分かりやすい。格安SIMにすれば料金は高くても5,000円程度まで抑えることができるから、年間で4万円ほど節約できる。

 

ということは、旅行に1回行ける計算だよなー。まあ、キャリアのスマホを使うことで保険をかけている側面もあるから、一概には安い=良いとは短絡的過ぎるか。

 

自己責任の範囲で格安SIMの使用を取るか、お金を払うことで自己責任による低料金を取るか・・・

 

本来はスパッと決めるのが出来る男。俺の魅力度アップはもう少し先か。